2学年 総合的な探究の時間『地域探究』全体発表会が行われました

10月25日(月)に2学年を対象にした、地域探究の発表会が行われました。

磐城高校の総合的な探究の時間では、地域理解と地域課題の解決を目標として、3年間をとおした「地域理解探究」を行っています。具体的には、1年次の津波被災地区探究、企業・研究所訪問研修や、2年次の地域探究を探究活動の軸にして、3年次でこれらの探究活動の成果と大学選択や将来の職業といった進路に接続する活動を行います。

地域探究では生徒個人の興味・関心を軸にしながら地域に関わるような課題を設定し、各生徒が解決に向けての調査・研究を行い、課題解決のための仮説を立てたり、また、その仮説の検証を行ったりしました。調査・研究ではアンケートや外部でのインタビュー等生徒が主体的に活動に取組みました。また、発表に向けて、各自がiPadを用いて取組の内容をスライドにまとめました。

 

発表はまず、10月8日に活動グループごとに生徒全員による発表を行い、投票などによって選ばれた活動グループ代表者が今回の全体の発表会で発表を行いました。

 

  

                     グループでの発表の様子

 

  

                       全体発表の様子

 

生徒達は探究活動全体を通して、主体的に課題解決に向けて取組む姿勢を身につけることができたようです。

また、代表者の発表から、生徒達は今まで意識をしてこなかったテーマに関する情報に関心を深めるとともに、生徒一人一人が地域課題について考えるきっかけを得ることができました。