1学年 総合的な探究の時間『津波被災地区探究活動』が行われました

 6月14日(月)から7月1日(木)に渡って、1学年対象の総合的な探究の時間における、スーパーイノベーションハイスクールの取組の一環として、津波被災地区探究活動が行われました。

 東日本大震災での津波被害の状況や復興の様子を理解するとともに、いわき市や浜通りの課題について考えることを目的として、6月14日の事前学習、23日の現地研修、28日の事後学習、7月1日の発表会を実施しました。

 事前学習では津波の被害や震災当時の状況を調べる活動を行い、これを踏まえて23日の現地研修では久之浜地区と薄磯・豊間地区に分かれて被災した場所の見学や、語り部の方の講話、復興関連施設の見学などを行いました。

 

 

 

 実際に被災した場所を見学し、津波被害を経験された語り部の方のお話を聞くことで、生徒達は震災や津波の被害を知り、震災からの現在の復興の状況に触れることができました。自分の目で見て、直接聞いた今回の活動は、震災当時の記憶も少ない生徒達が震災について理解を深める経験となったようです。

 事後学習では現地研修の内容を振り返り、被災地やいわき市、浜通りの課題について考え、iPadを用いてスライドにまとめました。これらの活動の成果を各班が発表し、津波被災地区の震災当時と復興の様子、各自が感じた地域課題についてクラス内で共有しました。

 

 

 

 今回の津波被災地区探究活動をとおして、震災と復興という面から地域理解を深め、地域の課題について考えるきっかけをつくることができました。

 今後も、生徒達が主体的に課題意識をもって取組める活動を進めていきます。